体の芯から力が

DAN DAN 心弾かれていくですね。大好きな野球選手がこれで入場していたので。
音無小鳥の空 white-lipsのもしも明日が晴れならば kotokoのimaginary affair
落ち込んでる時は深夜にラジオから流れるジェットストリームのメロディを聞くと癒されます(*´∀`)
アンパンマンの主題歌、『運命』の終楽章
ジューダスのペインキラー、スリッペ人=糞、メガデスのトルネード、モトリーのキックスタート、爆乳音頭(`・ω・´)
『コナン・ザ・グレート』。体の芯から力が湧いてきます~♪。
ペガサス幻想
槇原敬之の「どんなときも」、Greeeen!!の「歩み」、ミスチルの「any」かな……実際、どれもドン底だったやわたのおいしい青汁のアマゾンにだいぶ救われた。
『金曜日のおはよう』
最近はウルトラマンゼアスです。「一人ぼっちじゃ守れない だけど何とかしてあげたい」とか、「勇気だったら持っているはず」「元気だったらきっとあるはず」とか。ゼアスみたいに頑張ろう!となる。単純だ…。
BUMP OF CHICKENの曲には多いけど強いて挙げたら、「HAPPY」「ノーヒットノーラン」「ハルジオン」等。アマザラシの「あんたへ」
ジョーシンのテーマでない方でしょうか
ジョーシンのテーマでしょうか
ドラゴンフォースというバンドのピコピコサウンドですぐ復活する。 きっと俺は変形カノンコードに犯されてる。
ボビー・マクファーリン「Don't Worry, Be happy」のヌケ感、キース・ジャレット(スタンダードのトリオ)の「God Bless the Child」の鼓舞するリズムでダメなら、森山直太朗の「生きてることが辛いなら」でドン底にする
へこむ自分を元気づける曲として聴き続けているうちに、逆に条件づけされてその曲を聴くと凹むようになるんやで。